新しいがん治療法

サイバーナイフを知る

サイバーナイフとは、がん治療における放射線治療の一種です。がんの病変部位にだけピンポイントで放射線を照射し、がんを消滅させる治療ですが、その正確性からナイフに例えられています。これまでのがん治療では、放射線治療だけでなく、外科的な手術や抗がん剤の化学療法も、正常な細胞にもダメージを与えるというリスクがありました。ところがサイバーナイフでは、1ミリ以下の誤差で、正確にがん組織のみに放射線を照射できます。正常組織への照射がほとんどないので、出力の高い放射線も照射することができ、効果も高く、副作用も低くなります。サイバーナイフの技術には、高精度の位置検出技術や、高解像度の画像化技術、それに加えて自動追尾による補正技術が利用されています。

工夫によって負担を減らす

サイバーナイフの治療中には、呼吸を検出しモニタリングしているので、呼吸により病巣が動いても、自動的に追尾し、照射位置を補正してくれます。また、治療の回数やタイミングも患者の予定に合わせて行えるので、工夫次第で、日常生活への影響を極力減らせます。例えば、一回に高い放射線量を照射したり、逆に低線量を数回に分けて照射することもできます。また、サイバーナイフが有効な病気は、3センチ以下のがんや脳動静脈奇形などに限られます。それよりサイズの大きいがんや進行がんでは、他の治療法との併用や、患者の全身状態などを考慮し、総合的に判断する工夫を して、副作用より治療のメリットの方が大きいと判断される場合に利用するのが望ましいのです。