care your health

注意点と知るべきき点

NK療法とは、患者の血液からナチュラルキラー細胞(NK細胞)を分離・培養・活性化し、再び患者の体内に投与する治療法です。他の手術・放射線・抗がん剤によるがんの治療より、副作用が少ない治療法として、期待されています。

» 詳細を確認する

ガン治療に効果的

ガンマナイフはガン治療に効果的な療法として広く知れ渡っています。名前の由来として、ガンマ線によってガンの部分が内部で切り取られたようであったからこの名前になったそうです。

» 詳細を確認する

新しいがん治療法

サイバーナイフとは、高精度な放射線治療の一種です。1ミリ以下の誤差で、放射線をがんの病巣にのみ照射することで、治療効果を高め、正常細胞への副作用を減らします。放射線量や回数も変えられるので、工夫次第で日常生活を送れます。

» 詳細を確認する

ガンの種類と効果

気になる腰椎椎間板ヘルニアの治療は費用もしっかり調べておきたいですよね。ここから情報収集してみるのも良いですよ。

ガン治療の今

国民病とも言われているガンは、すい臓がんや乳がん、胃がんなど色んな臓器にできる悪性リンパ腫による病気です。これまでガンを発症すると治療することは難しく延命治療などがほとんどでした。しかし、医療技術がどんどん進化することにより、ガン治療も選べる時代へと発展してきたのです。ガン治療の代表的なものは外科医的な手術、科学療法、放射線療法の3タイプから選ばれていましたが、最近は新しくNK療法と呼ばれる治療法が導入されており、患者の精神的な不安や肉体的苦痛を和らげてくれる治療法として話題になっています。NK療法というのはいわゆる免疫細胞に特化した治療法で、細胞レベルからガンを根治させるものです。NK療法の場合は、自分自身の免疫力を高めガン細胞を体内から排出するようになっているので副作用の心配はほとんどない画期的な治療とされています。

静脈に起こる異変

一方、ガンまでいかない病気ではありますが、近年中年期に多い病気として取り上げられているのが、下肢静脈瘤。下肢静脈瘤は静脈の血流が滞り、うっ血する状態になる症状です。だいたい足に起こるもので、うっ血している部分は色素変化が見られることが大きな特徴です。目に見えて異変が見えるものの体に大きな健康被害が起こるケースが少ないもので、放置している人が増えています。しかし、下肢静脈瘤は悪化すると潰瘍形成に至ることもあり無視できないものです。こうした下肢静脈瘤の重症化に至らない為に早期治療を心がけることが大切であり、足付近で色素沈着が見られた場合は医療機関の受診が適切です。ちなみに、下肢静脈瘤はレーザー療法などを行って治療をするようになっており、早期に行えば簡単に改善できます。